たかだの遺品整理・生前整理

HOMEtwitterfacebook お問い合せ見積もり
フリーダイヤル0120-47-2666/電話089-964-5656(見積り相談無料)

天気も良いのでたかだ社屋のお掃除(^^♪

どんなものも、いつかは壊れますが、

大切に扱えば少しでも永くは保てると思います。

たかだの社屋もずっとずーーーっと残り続けて、

いつか1億年後位に「なんだこの遺跡は・・・!?」

考古学者「た・・か・・だ・・引越・・・センター?どういう意味だ!?」

というやり取りなんかを繰り広げてほしいものですね( *´艸`)

現代でいうところのピラミッドのような扱いを受けて

観光名所になったりして(*ノωノ)

信ちゃんもピラミッドの壁画にいるアヌビスのような扱いを受けたりして(/ω\)

考古学者「なんだこの生き物の絵は・・・!?こんな生き物がかつて実在したのか!?」

 

妄想が止まらないのでそろそろやめておきますが(”ω”)笑

でもそれくらいの愛情を持って大切にできるものがあると、

心が少し満たされるような暖まるような気持ちで過ごせますね(^^♪

ご清聴ありがとうございました( *´艸`)




納車目前(^^♪

「たかだ」に新しいトラックが間もなく仲間入りします!!

ロゴを付けたり着々と準備が進んでおります(≧▽≦)

施工中の写真をちらり・・・

これまでとは少しだけ違った仕様なのですが、おわかりいただけますでしょうか(/・ω・)/

わかったあなたは「たかだ」ファン!!( *´艸`)

納車が楽しみです(^^♪




信ちゃんトラックは大阪へ(^_^)/♪

天気も良く、太陽の塔も綺麗に撮れました!

ここで太陽の塔の豆知識・・

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「太陽の塔」は、頂部の「黄金の顔」、正面の「太陽の顔」、背面の「黒い太陽」の3つの顔を持っていますが、
博覧会当時テーマ館の地下展示には「地底の太陽」といわれる顔も展示されていました。

「地底の太陽」は、高さ約3メートル、全長約11メートルにもなる巨大な展示物であったとされていましたが、博覧会終了後の撤去作業から50年近く経った現在も行方がわからない状態となっています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

行方が分からない(゚д゚)!

これはもしや、カーネルサンダースさんの時と同じく道頓堀に沈んでいるかもしれないですね・・・

そんな思い(謎?)を馳せながら眺めるとまた違った視点で見ることもできますね(/・ω・)/

 

何はともあれ今日も「たかだ」のトラックはあちこちで頑張っております(^^♪




見積無料

お見積り依頼はこちらから

「実際に自分の場合の金額を知りたい」というかたは、

こちらからお気軽に見積りをご依頼ください。見積無料!

お見積もりフォーム
相談無料

疑問質問はこちらから

遺品整理生前整理に関する質問、疑問。ちょっと聞いてみたいことや、

ホームページに関するお問合せはこちらからお問合せください。

お問合せフォーム
フリーダイヤル0120-47-2666